MENU

毛が生える為にした方法

 

年齢と共に薄毛や抜け毛が目立ってきた。
毛が生えるように毎日マッサージやケアはしているつもりだけど
なかなか思うように毛が生えてこない。

 

こんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?

 

このサイトでは毛が生える為に私が実践した方法を公開していきます。

 

 

女性は男性に比べて毛が生える確率は高い?

 

最近では男性だけではなく女性にも薄毛の悩みは広がってきています。
女性は女性ホルモンの影響により、男性よりはハゲ・薄毛になりにくいと言われています。

 

それでも何らかの原因により髪が薄くなってしまった場合、「髪は女の命」とも言われるように
見た目が気になって深く思い悩んでしまう人は多いのではないでしょうか。

 

女性にも起こりうる薄毛の原因と対策についてまとめてみました。

 

ポニーテールやお団子頭など、髪を強く引っ張るような髪型を
毎日続けていると引っ張られた部分の頭皮に負担がかかり、
その部分の髪が薄くなってしまうことがあります。

 

「牽引性脱毛」と言われる症状に当たり、引っ張られた部分の頭皮の血行が悪くなり毛根に十分に栄養が行きわたらなくなることで

 

毛髪が細くなったり、抜け毛や切れ毛の原因となったりします。

 

対策としては頭皮に負担のかかりにくい髪型に変え、頭皮の血行を改善するため定期的にマッサージを行うことが良いです。

 

女性は出産の後に一時的に抜け毛が目立つようになります。

 

これは妊娠時には女性ホルモンが分泌され髪は成長し抜けにくくなるのですが、出産後に女性ホルモンの分泌が少なくなり

 

それまで抜けていなかった髪も抜けやすくなることが原因です。

 

生理的なものですので1年ほど経てば自然に元に戻っていきますが、出産・育児の間につい体に負担をかけすぎてしまい
栄養不足や睡眠不足に陥らないように気を付けることが髪の健康にも繋がります。
ですので出産後には自然に毛が生える可能性も高いのですが
このサイトで紹介している方法をとることで毛が生える確率は上昇しますので
是非取り入れてみてください。

 

髪を生やすにはシャンプーや育毛ケアは必須

 

毛が生える為の方法としてシャンプーなどの育毛ケアも欠かす事はできません。

 

シャンプーの仕方等間違ったヘアケアも薄毛の原因となることがあります。
強い力で洗いすぎたり爪を立ててしまったりして頭皮に負担をかけすぎたり、また過剰にシャンプーをしすぎたりすることで

 

かさぶた状のフケが出やすくなり、頭皮が炎症を起こして髪の成長に悪影響を及ぼします。

 

またシャンプーのすすぎ残しは毛穴から皮脂が過剰に分泌され、こちらも毛穴を塞いでしまう原因となります。

 

シャンプーは低刺激のものを使い指の腹で優しく頭皮を洗うようにして、すすぎ残しの無いように丁寧に洗いましょう。

 

女性の薄毛には女性ならではの理由があり、中には自分で対策を行うことが難しいものもあります。
しかしあまり毛量を気にしてストレスをためこむことも髪の健康に良くありませんので、長い目で見ながら
じっくりと髪の健康と向き合って行くことが良いと思います。

 

 

毛を生やすために出来ることを少しづつ頑張っていくことが大切なのです。

 

参考URL 薄毛どうしたらいい?薄毛を改善する育毛術
http://www.williams-creek-adventure.com/

 

 

女性のハゲの悩み体験談

 

女性はハゲないと思っていましたが、どうやらそうではないようです。

 

加齢に伴う抜け毛からは、逃れられないようです。

 

毛乳頭の働きが低下します。

 

毛髪に指をサーッと通すと、髪が指にからまっています。

 

えっ?という感じです。

 

シャンプーの際もこんなに?というほど髪が抜け落ちシャワーのお湯とともに流れていきます。

 

40代後半ともなるとさまざまな変化が体に起きますが、女性ホルモンが減少するだけ髪にまで影響が出るのです。

 

そのうえ、男性ホルモンが増加して毛髪の成長を短縮させるなんて。

 

まさか額の生えぎわから後退したりしないよね?と髪に話しかけたりして。

 

女性は頭頂部から薄くなるから大丈夫と誰かが言ってくれたけど、何が大丈夫なの?

 

頭頂部からハゲてくることには変わりはないでしょう。

 

おまけに男性は髪が細?くなることから薄毛が始まるが、女性は太い毛のままぬけていくそうです。

 

太いまま抜け落ちるほうがダメージが大きい気がします。

 

このまま放置していたら5年後、10年後の頭頂部はどうなることかと考えました。

 

頭頂部が薄くなる理由は血行障害があるため

 

と聞き、マッサージを開始しました。

 

入浴前に両手であたまをつかむようにもみもみマッサージします。

 

入浴前ならフケが出ても気にならないので、安心してもみもみ出来ます。

 

髪は極力自然なヘアースタイルで髪を結ったり、引っ張ってしばるようなことはしません。

 

以前は、シャンプーでゴシゴシ洗い、ドライヤーをブンブンあてていましたが、シャンプーは優しく、ドライヤーは髪から離してあてるようになりました。

 

帽子をかぶるのはあまり好きではないけれど、紫外線が頭皮に良くないと言われたので日射しが強い日は帽子もかぶります。

 

子どもの運動会や学校行事は、外にいることが多いため日射しには気を使います。

 

毎日の頭皮ケアとなると大変なので簡単なものでないと続けていけないのです。

 

髪がペタンと頭部に張り付いていると老けて見えます。

 

出来れば、頭頂部にボリュームが欲しいところです。

更新履歴